歯が痛い・ズキズキする~虫歯治療~

  • ホーム > 
  • 歯が痛い・ズキズキする~虫歯治療~

「歯が痛み」はすぐに対処しましょう~虫歯治療~

「歯が痛み」はすぐに対処しましょう~虫歯治療~

多くの方が経験している虫歯。「歯が痛い」「冷たい物がしみる」「歯に黒い穴が開いている」それは虫歯のサインかもしれません。ごく初期の段階の虫歯は自覚症状が現れにくいので、少しでもお口に異変を感じたら、すでに進行してしまっていることがほとんどです。

「虫歯かな?」と思ったら一度ご来院ください

「虫歯かな?」と思ったら一度ご来院ください

虫歯とは、お口の中の虫歯菌が、歯の表面に付着してプラーク(歯垢)をつくり、糖分をエサに「酸」を出し、その「酸」が歯を徐々に溶かしてしまう病気です。ごく初期の白濁程度の虫歯にかぎり、削らずに治ることもありますが、通常は放っておくとどんどん進行してしまいます。治療しないと歯を失うことにつながる、自然に治ることのない病気です。虫歯は早期発見・早期治療が大切ですので、「虫歯かな?」と思ったらなるべく早く葛飾区・JR総武線新小岩駅北口より徒歩3分の歯医者、オカダ歯科クリニックにご来院ください。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 症状 おもな治療法

【C0】ごく初期の虫歯

【C0】ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が白濁する程度の虫歯です。「脱灰」ともいいます。自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で「再石灰化」を促すことで治癒が期待できます。

【C1】エナメル質の虫歯

【C1】エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶かされ黒ずんでいる段階です。冷たい物がしみることはありますが、痛みはまだありません。 虫歯になった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を埋めて補います。

【C2】象牙質の虫歯

【C2】象牙質の虫歯
エナメル質の内側の象牙質にまで達した状態で、冷たい物や甘い物がしみるようになります。痛みを感じることも。 虫歯になった部分を削り、詰め物(インレー)を詰めて補います。

【C3】神経に達した虫歯

【C3】神経に達した虫歯
歯に穴が開き神経にまでおよんでしまった状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 虫歯に汚染された神経などを除去する根管治療を行います。その上に被せ物(クラウン)を装着します。

【C4】歯根に達した虫歯

【C4】歯根に達した虫歯
歯冠部分がほとんど溶かされた重度の虫歯です。神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。 ほとんどの場合、抜歯が必要になります。抜歯後はインプラントや入れ歯、ブリッジ治療などにより歯の機能の回復を図ります。

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

神経にまで達してしまった虫歯はそのままにしておくと抜歯を余儀なくされます。抜歯を避けるために行うのが「根管治療」です。一般的に「歯の神経を抜く」といわれている処置で、歯の神経の入っている細い管(根管)の中の虫歯にかかってしまった神経や血管などの組織を取り除き、根管内部を洗浄・消毒したあと、中に薬剤を詰める治療です。

歯を抜いてしまうと時間の経過とともに顎の骨が痩せてしまうことがあります。しかし根管治療によって歯の根を残すことができると、顎の骨が痩せてしまうことを抑えられます。これがお口の健康や歯列の維持につながるのです。

根管はとても小さく、細かく入り組んだ形状をしています。その部分を丁寧に洗浄・消毒しなければなりません。それは、もし虫歯菌が残ってしまうと再発の可能性が高まり、抜歯へとつながってしまうことがあるからです。除菌を徹底するための治療には時間がかかり通院回数も増えてしまいます。そうならないように虫歯はなるべく早く治しましょう。

その「歯の痛み」は知覚過敏かもしれません

その「歯の痛み」は知覚過敏かもしれません

歯の変色が見られないのに「歯がしみる」ことがあります。その「歯のしみ・痛み」は知覚過敏が原因かもしれません。知覚過敏とは、歯の表面の硬いエナメル質が薄くなり、象牙質が露出して、刺激が神経に伝わりやすくなることで起こります。わずかな刺激にも過剰に反応して、冷たい物がしみるのです。

エナメル質が薄くなる原因には「強い咬みしめ」や「歯ぎしり」、「咬み合わせの異常」が考えられます。放っておくと歯が削れたり欠けたりすることもありますので、気になる症状がありましたら、お早めに当院にご相談ください。

子どもの歯を守りましょう~小児歯科~

子どもの歯を守りましょう~小児歯科~

子どもの歯「乳歯」は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすい歯です。でも「乳歯は生え替わるから」とそのままお子様の虫歯を放っておくと、大切な永久歯にも悪影響をおよぼすことがあります。子どもは自分だけではお口のケアができません。お子様の歯の健康を守れるのは親御様です。葛飾区西新小岩の歯医者、オカダ歯科クリニックではお子様の歯の健康を守るサポートをしています。二人三脚でお子様のお口の健康を守りましょう。

虫歯が感染すること、知っていますか?

虫歯が感染すること、知っていますか?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌は存在しません。虫歯菌は身近な大人からうつるといわれています。たとえば親御様が食べ物を口移しであげたり、スプーンやフォーク、お箸を共有したり、キスをすることによって唾液を介して赤ちゃんに菌が感染してしまうのです。

お子様に虫歯菌をうつさないようにするには……
  • 食べ物の口うつしは避けましょう
  • 赤ちゃん専用のスプーンやフォーク、お箸や器、カップを用意しましょう
  • 家族全員が虫歯治療を受け、お口の中を清潔に保ちましょう

まずは親御様の歯を健康に保つことから始めましょう

まずは親御様の歯を健康に保つことから始めましょう

お子様に対するスキンシップは大切です。その大切なスキンシップによって虫歯菌をうつさないように、ご家族の皆様がお口の健康に留意しましょう。赤ちゃんと長い時間を過ごすのはお母様です。妊娠中から歯科検診を活用し口腔衛生に力を入れてください。またお父様も、そして祖父母の方を含めてご家族みんなでお口の健康を保つことをおすすめします。

予防処置メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は、毎日のセルフケア、つまりブラッシングです。お子様の歯の生え方や発育段階に合わせてブラッシング方法を指導します。親御様には仕上げみがきのコツをお伝えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促し歯質を強化する作用があります。そのフッ素を歯の表面に塗布します。虫歯の予防効果を高めるためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

シーラント

シーラント

複雑で深い溝がある奥歯は、ブラッシングで汚れを落としにくいので虫歯になりやすい場所です。その溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で塞ぐ処置をシーラントといいます。乳歯にも生えたての永久歯の虫歯予防にも有効です。

おやつや食事の摂り方に注意しましょう

おやつや食事の摂り方に注意しましょう

お口の中は「脱灰」と「再石灰化」をくり返しています。飲食をするとお口の中は酸性に傾き、脱灰しやすい環境になります。そのあと「再石灰化」が行われれば、虫歯になることはありません。しかしこのバランスがくずれ「脱灰」が進んでしまうと虫歯になってしまうのです。

だらだら食べたり、一日中甘い物を飲んだりしていると「再石灰化」が追いつきません。唾液にはお口の自浄作用がありますが、睡眠中は、その唾液の分泌が少なくなります。お口の中が汚れたまま眠ってしまうと虫歯のリスクが高まりますので注意が必要です。

虫歯のリスクを減らすには

虫歯のリスクを減らすには

  • おやつや食事は規則正しく摂り、お口の中がきれいな時間を増やしましょう
  • 「食べたらみがく」を習慣にしましょう。「口ゆすぎ」だけでも行いましょう
  • 就寝前にはお口の中をきれいにしましょう
  • 「食育」を考慮し、おやつは糖分の少ない物、虫歯になりにくい物を選びましょう

新小岩駅北口より徒歩3分・平日夜9時まで診療 オカダ歯科クリニックへのご予約はこちらからどうぞ